ケータリング業者を決める方法

得意分野があるのでうまく利用してください

ケータリングサービスを行う業者が多く、どこを利用すればよいか分からないと悩む方もいらっしゃいます。
和食や中華やイタリアンやフレンチなど、その他にもさまざまなお料理が提供されています。
ケータリング業者を決めるときは、集まる皆にとってどういったサービスが適しているか考えることをおすすめします。
お子さんが集まる場合は、お子さまメニューを提供している業者を選ぶのも良いです。
年配者が多い場合は和食を得意としている業者、外国の方も集まる場合は故郷の食べ物が食べられる業者にするなど、好みにあわせて選ぶのも良い方法です。
たくさん人が集まるのでそれぞれ好みがよく分からない、一通りお願いしたいときときは、豊富にメニューを揃えている業者を探すと良いでしょう。
業者によって得意分野があるので、特徴を確認してから選ぶと成功しやすいです。

複数業者を利用しても問題ありません

ケータリングを利用しようと思い業者を調べていたら、複数会社気になり選びづらいという話も多いです。
サラダはこの業者が良い、メインディッシュはこの業者が魅力を感じるといったケースもあります。
その際は1つの業者にしぼるのではなく、複数業者を利用することをおすすめします。
それぞれ業者には、別の業者にもお願いしているという点を伝えておくと安心です。
セッティングしてもらう時に別の業者がいてもよいか確認し、スムーズに利用できるようにしておいてください。

業者によっては試食ができます

ケータリングのメニューをホームページ上で紹介しているケースが多く、写真を見ることもできます。
しかし写真だけだとよく分からない、実際どんな味が知りたいと思ったときは試食されることをおすすめします。
試食ができますと書かれていなくても可能な場合があるので、一旦業者に問い合わせしてください。
試食をするには一定条件が設けられていることもあるので、詳細を聞くようにしましょう。
50名以上で利用する場合、注文金額が一定金額を超える場合のみなど条件をつけている業者も多いです。
実際ケータリングを利用する日より前に、余裕を持って試食ができるよう準備もしてください。
試食をしたからといって必ず注文をしなくてはいけないということではないので、思っていたものとは違うと感じた場合など断っても問題ありません。
違うと思ったらだらだら悩まず、できるだけはやく断りを入れるほうが良いです。

むやみに試食はしないでください

試食サービスを行っている業者もありますが、むやみに試食しないようにしてください。
お願いしようか迷っている、2社や3社など候補を絞ったものの最終段階で迷っているという時に試食することをおすすめします。
試食は無料で提供してくれることがほとんどですが、業者は試食分を用意するのに手間や費用をかけています。
ひやかしにならないように、真剣な気持ちで試食をしてください。
また試食するために、業者に指定した場所まできてもらうなど注文側も時間や手間をとられます。
試食できるからといろいろな業者のお料理を試食すると、余計時間がとられていつまでたってもどこの業者にケータリングをお願いするか決められないという事態に陥ってしまいます。
無駄な時間を省くためにもホームページで写真を見る、メニューの詳細を聞く、口コミや体験談で評判を調べるなどできるだけ情報収集をしてください。
質問があれば業者に電話やメールをして直接聞くようにしてください。
よくある質問を公開している業者もあります。
会社でよく利用されているのか、どういった用途で注文されているのか、年齢層や人数はどうなのか詳しく調べてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA