ケータリングはさまざまなメリットがあります

外食のかわりに利用することができます

ケータリングはさまざまな場で利用されていますが、外食のかわりに利用されるケースもあります。
お子さんが小さくてなかなか外出ができない、外食だとまわりに気を使いゆっくりと食事することが難しいと悩むかもしれません。
自宅でもケータリングの利用が可能ですので、外食は抵抗があるという時にも利用してはいかがでしょうか。
大人向けのメニューだけではなく、お子さま向けのメニューもあります。
アレルギーが心配な場合は事前に伝え、アレルギー除去食が対応できるか確認するのもおすすめです。
また足腰が悪く外食をしたいとは思うものの、移動するのが大変とお困りの際もケータリングは便利です。
たまには贅沢をしたい、ママや奥さんに楽をして欲しいと考えたときもケータリングをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

結婚式の2次会にも便利です

ケータリングはパーティーの場でよく利用されていますが、結婚式の2次会で利用される方もいます。
場所だけ確保し、お料理は別で持ってきてもらうというスタンスをとる場合にも便利です。
結婚式の2次会にふさわしいように、飾り付けを行ってくれる業者もあります。
各テーブルにお皿やグラスを並べたり、お料理を取り分けてくれたり、さまざまなサービスを行ってくれます。
新婦や新郎、そして幹事は当日忙しくお料理にはなかなか気が回らないことも多いです。
業者によっては結婚式の2次会の間、傍で待機してくれて空いたお皿を下げることや、飲み物をついでくれるサービスも行っています。
お料理だけではなく、ドリンクサービスが充実している業者もあるので利用してください。
ビールなど冷えた状態で持ってきてくれるなど、細かい配慮もあります。
またお酒をたくさん飲まれることが考えられますが、飲み放題プランを提供している業者もあるので活用してください。
2時間の飲み放題など、2次会が開かれている間は飲み放題にするなど便利に利用できます。
2次会が終わったあとも片付けをしてくれるので、新婦や新郎や幹事などに負担がかかることなく、任せることができる点もメリットです。

パーティーのスタイルによって配膳方法を考えよう

ケータリングというとお料理を持ってきてくれる、大皿で運んでくれるというイメージがあるかもしれません。
ご家庭でケータリングを利用される際は、大皿で持ってきてもらい配膳を手伝ってもらうと便利です。
結婚式の2次会や会社で開かれるパーティーの場合、どう配膳してもらうのが良いか業者と相談することをおすすめします。
各テーブルを用意し、招待客がテーブルから動かないということであれば1人分ずつ盛り付けを手伝ってもらうと良いです。
立食パーティーの場合は各お料理が取りやすいように並べてもらうなど、パーティーのスタイルにあわせて配膳をお願いしてください。

 

パフォーマンスを行ってくれます

ケータリングサービスといってもさまざまあり、最近ではパフォーマンスを行ってくれる業者も出てきました。
マグロの解体ショーを行ってくれる、お寿司を握ってくれる、パスタを茹でてくれるなど、その他にもたくさんパフォーマンスが行われています。
見た目も楽しめますし、新鮮な食材を捌いてその場で食べられるという点からも人気があります。
パーティーを開く際に催しものに困ったら、お料理を用意してもらうとともにパフォーマンスをお願いするのもおすすめです。
チョコレートマウンテンや液体窒素を使った瞬間冷凍アイスなど、デザートのパフォーマンスもあります。
業者によってパフォーマンスの内容がさまざまなので、パーティーの趣旨にあうかなど確認をし活用してみてはいかがでしょうか。

ケータリング業者を決める方法

得意分野があるのでうまく利用してください

ケータリングサービスを行う業者が多く、どこを利用すればよいか分からないと悩む方もいらっしゃいます。
和食や中華やイタリアンやフレンチなど、その他にもさまざまなお料理が提供されています。
ケータリング業者を決めるときは、集まる皆にとってどういったサービスが適しているか考えることをおすすめします。
お子さんが集まる場合は、お子さまメニューを提供している業者を選ぶのも良いです。
年配者が多い場合は和食を得意としている業者、外国の方も集まる場合は故郷の食べ物が食べられる業者にするなど、好みにあわせて選ぶのも良い方法です。
たくさん人が集まるのでそれぞれ好みがよく分からない、一通りお願いしたいときときは、豊富にメニューを揃えている業者を探すと良いでしょう。
業者によって得意分野があるので、特徴を確認してから選ぶと成功しやすいです。

複数業者を利用しても問題ありません

ケータリングを利用しようと思い業者を調べていたら、複数会社気になり選びづらいという話も多いです。
サラダはこの業者が良い、メインディッシュはこの業者が魅力を感じるといったケースもあります。
その際は1つの業者にしぼるのではなく、複数業者を利用することをおすすめします。
それぞれ業者には、別の業者にもお願いしているという点を伝えておくと安心です。
セッティングしてもらう時に別の業者がいてもよいか確認し、スムーズに利用できるようにしておいてください。

業者によっては試食ができます

ケータリングのメニューをホームページ上で紹介しているケースが多く、写真を見ることもできます。
しかし写真だけだとよく分からない、実際どんな味が知りたいと思ったときは試食されることをおすすめします。
試食ができますと書かれていなくても可能な場合があるので、一旦業者に問い合わせしてください。
試食をするには一定条件が設けられていることもあるので、詳細を聞くようにしましょう。
50名以上で利用する場合、注文金額が一定金額を超える場合のみなど条件をつけている業者も多いです。
実際ケータリングを利用する日より前に、余裕を持って試食ができるよう準備もしてください。
試食をしたからといって必ず注文をしなくてはいけないということではないので、思っていたものとは違うと感じた場合など断っても問題ありません。
違うと思ったらだらだら悩まず、できるだけはやく断りを入れるほうが良いです。

むやみに試食はしないでください

試食サービスを行っている業者もありますが、むやみに試食しないようにしてください。
お願いしようか迷っている、2社や3社など候補を絞ったものの最終段階で迷っているという時に試食することをおすすめします。
試食は無料で提供してくれることがほとんどですが、業者は試食分を用意するのに手間や費用をかけています。
ひやかしにならないように、真剣な気持ちで試食をしてください。
また試食するために、業者に指定した場所まできてもらうなど注文側も時間や手間をとられます。
試食できるからといろいろな業者のお料理を試食すると、余計時間がとられていつまでたってもどこの業者にケータリングをお願いするか決められないという事態に陥ってしまいます。
無駄な時間を省くためにもホームページで写真を見る、メニューの詳細を聞く、口コミや体験談で評判を調べるなどできるだけ情報収集をしてください。
質問があれば業者に電話やメールをして直接聞くようにしてください。
よくある質問を公開している業者もあります。
会社でよく利用されているのか、どういった用途で注文されているのか、年齢層や人数はどうなのか詳しく調べてください。

 

料理だけではないコーディネートもお任せのケータリング

気軽なオーダーから本格コーディネートまで

ケータリングは料理を運んできてくれるだけのサービスと思っていませんか。
もし、そうであれば宅配弁当や出前とそう大きな差もなくなり、ちょっと豪華な料理にも対応できるとか、大人数でも頼みやすい、出来立ての温かい料理を提供してくれるといった点にしかメリットがないようにも思えます。
ですが、ケータリングが人気なのは料理やドリンク類の提供にとどまらず、給仕スタッフを派遣してくれたり、料理を並べたり片付けたりを手伝ってくれるほか、テーブルコーディネートや会場セッティングなども全て引き受けてくれる業者もある点です。
とにかく、直ぐに人数分の温かい料理を用意してほしいという方は電話や専用フォームなどからの予約だけでも対応してもらえますし、パーティーや式典、イベントで宴席を用意したいという場合には、事前の打ち合わせからきめ細やかに式典などの目的に合ったコーディネートをしてもらえます。

とにかく温かい料理を提供して欲しい

ロケ地や撮影所その他の仕事現場など、早朝の撮影や夜中の作業、寒い場所での仕事中の食事時間や休憩時間に温かい食べ物を用意したいという場合、ケータリング業者なら熱々出来立てを持ってきてくれ、その場での調理や温めにも対応してくれます。
現場や仕事中の食事の提供であれば、事前に現場調査や打ち合わせなどを持たなくても、予約しておけば、当日初めての業者でもスムーズに対応してくれます。
場所や時間をしっかり伝え、メニューや人数などを決めておけば、当日に現場で準備を整えて食事を用意してくれますから安心です。
必要に応じて調理機材や保温装置などもセッティングして作業にあたってくれ、機材や食材の搬出入も全て業者が対応してくれるので手間もかかりません。

会場のコーディネートも丸投げしたい

学校や会社、イベント会場や貸しホールなどで式典やセミナー、イベントなどを開催し、その後に懇親会や異業種交流会、パーティーなどを開きたい場合には、会場のコーディネートも含めてケータリング業者に依頼することが可能です。
この場合は事前の会場の下見や依頼する担当者との打ち合わせなども必要になりますが、手間なくプロのコーディネーターによる提案が受けられ、合意したプランに基づいて当日は会場の設営も全てお任せできます。
無機質な学校の体育館や殺風景な会社の会議室、何のインテリアもないレンタルスペースなども、プロが式典やイベントの目的やTPO、集まるメンバーや季節などに合わせて場が華やぐ場合や、盛り上がるコーディネートで生まれ変わらせてくれます。
体育館が汚れないように床にシートを敷くことや、料理を並べる長テーブル、会食をするための丸テーブルやイスも配置してくれ、テーブルクロスや生花などで美しくテーブルコーディネートもしてくれます。
お祝いの席なら胡蝶蘭などの華やかなお花を用意したり、卒業や入学のパーティーならピンクや黄色など春らしい色の花を用意したり、お別れの会や偲ぶ会などのお席なら白やブルー、パープルなどのお花で飾ってくれます。
グラスの配置やお料理の並べ方にもこだわり、全体としてバランスよく、見た目に美しくセッティングしてくれるので任せて安心です。

ケータリング業者の選び方

ケータリング業者を選ぶ際には利用目的やニーズに合わせて探しましょう。
美味しい料理を届けてくれれば満足なのか、早朝や深夜に対応してくれる業者を探したいのか、パーティーなどのセッティングも全てお任せできる業者がいいのか、パーティーでの配膳や取り分け、片付けなどのサポートもしてほしいのかなどの希望条件から対応可能な業者を選ぶと便利です。

 

季節のイベントに合わせて便利なケータリングを

季節のイベントや式典後のパーティーに

結婚式や法要などの冠婚葬祭をはじめ、家族のバースデーや結婚記念日、お雛祭りなどのご自宅でのイベントや季節の行事をはじめ、学校や企業などでも年間を通じて様々なイベントや式典が開催されています。
幼稚園や学校、大学などの入園式や入学式、卒園式や卒業式、それに伴う卒業パーティーや謝恩会など学生だけでなく、先生方や保護者との交流の機会を持つことも多いものです。
企業においても新卒採用の入社説明会をはじめ、入社式や懇親会、定年退職の方を送る会や人事異動などに伴う歓送迎会、各種プロジェクトの達成祝いや忘年会、新年会、お客様や取引先を招いてのイベントなど年間を通じて様々なイベントがあるものです。
こうしたイベントや式典では開催後の親睦会やパーティーが行われることも多くなっています。
イベントや式典そのものをホテルなどで行えば宴席の用意もしやすいですが、学校の体育館や会社のオフィスで式典を行った場合、パーティーのために場所を移動することや、改めて集まり直すというのは手間もかかりますし、参加者が減少することも考えられます。
そこで、ケータリングを利用することで学校の体育館や会社の会議室なども、業者のサポートによるわずかな準備時間があれば、盛大なパーティー会場へと早変わりできます。

卒業パーティーや謝恩会に

短大や大学では卒業生と先生方による卒業パーティーはつきものですし、高校をはじめ、義務教育の小中学校や幼稚園では学期末に先生方と保護者が介して謝恩会を開催している地域や学校なども少なくありません。
近隣に大人数で集まれる飲食店がないと遠方のお店を予約する場合や、ホテルなどを予約すると場所が遠い、遅い時間に子供をおいていけない、ホテルは会費が高くて行けないなど参加者が減少してしまうことが考えられます。
学校で卒業式を行った後、そのまま体育館や会議室などを利用してケータリングで行えば、昼間のうちにでき、移動も簡単で、学校の施設を使っているので気持ち的にもリラックスして楽しむことができます。
オードブルなどのパーティーメニューをはじめ、スイーツビュッフェとサンドイッチなど軽食を用意したティーパーティーなども選べるので、学校ではアルコールは避けたいという場合もニーズに合ったプランが見つかります。

料理はもちろんその盛り付けまでシーンに合わせたケータリングを提供する「mo:take」はこちら!

入社式や歓送迎会をはじめ就職セミナーにも

企業では新卒採用向けに就職セミナーや会社説明会、仕事体験会などを開催し、有能な人材に来てもらおうと取り組みも強化しています。
働きやすい雰囲気や仕事のことをもっと知ってもらいたいと、先輩社員との交流会をセミナー後などに用意されるケースも増えています。
リラックスした雰囲気の中で情報交換や意見交換ができるよう、セミナールームや会議室にちょっとしたケータリングを用意すれば、お腹を空かせた食べ盛りの学生の気持ちも和らぎ、会話も進むうえ、企業イメージに好印象を与えることもできるでしょう。
4月の入社式の際には式典の後に社内の幹部や部署の管理職クラスの方と会食の機会などを用意いたり、歓迎パーティーなどを開いたりする会社が少なくありません。
近隣の飲食店に移動する場合や、お弁当をとって食べるという会社もありますが、さまざまな部署から移動してくるのは大変ですし、お弁当を食べる際には上司と向き合って座らせるなど席が固定されてしまうので、社内の多彩な人材との触れ合いがしにくくなります。
会議室などにテーブルを用意してケータリングでビュッフェスタイルにすれば、お互いお皿やグラスを手にさまざまな方と挨拶をすることや、会話をする機会が生まれ、社内の交流も進みます。
人事異動や退職に伴う歓送迎会も、ケータリングを利用して社内で開催すれば、業務が忙しい方も含めて参加しやすく、リラックスした雰囲気で盛大なパーティーができます。

利用したことがないと思っている方も実は体験しているケータリング

身近なケータリング

ケータリングなんて一度も利用したことがない、どういう時に利用するのか分からないという方や、ケータリングは芸能人が使うもの、楽屋や制作現場で利用されるものとテレビ番組などを見ていて思い込んでいる方も、実は使ったことがあるかもしれません。
意外と身近なところで活用されているケータリングについて、よくある活用法を例にご紹介していきます。
利用経験がないという方もご相伴にあずかっているかもしれませんし、こんな時にも利用できるのかと新たな発見があるかもしれません。

 

飲食店ではない場所でのパーティーに

レストランや居酒屋でのパーティーや宴会、ホテルの宴会場での会合などでは料理付きが当然ですし、備え付けの厨房やセントラルキッチンで調理されたものがどんどん登場します。
一方、社員食堂などの厨房設備もないご自身の職場にある会議室での飲み会や交流会を開いて参加したことがある方、取引先などに呼ばれて自社ビルの会議室やフロアの一角でパーティーを開催した、飲食設備がない会館などで集まったらテーブルにオードブルやお酒が用意されていたという時、それはケータリングかもしれません。
飲食店以外のお店での開店祝いや忘年会などに呼ばれる場合や、年末年始やお祝い事があった際に取引先の事務所や事業所に呼ばれたら、事務机にたくさんの料理が並べられて驚いたといったケースも、誰かが買ってきて持ち寄ったのではなく、ケータリングの可能性が高いです。
ケータリングは業者の厨房で作りたての料理を運んできて並べてくれる場合や、厨房機材などを持ち込んでその場で調理や仕上げをして提供してくれる便利なサービスです。
そのため調理場がないような施設や場所でも、気軽にパーティーや宴席を設けられるのが便利です。

葬儀や法要に

ご親族やお知り合い、職場や仕事の関係者などが亡くなって通夜や告別式に参加すると、ご遺族の方に通夜振る舞いの案内をされることや、精進落としに招かれる場合も多いことでしょう。
葬儀会館の中には専用のレストランを併設している場合や、厨房を持っているところもありますし、法要などの場合は料亭やレストラン、ホテルなどで行われる場合もありますが、最近よくある通夜振る舞いや精進落とし、お寺の仏間を借りての法要などではケータリング利用が一般的になっています。
いつ、どれだけの葬儀が行われるか分からないセレモニーサービスでは、常設で厨房を運営していることや、調理スタッフを雇って待機させているわけにもいきません。
必要に応じて必要な量の仏事料理を提供してくれるケータリング業者と提携して、急な通夜や告別式も直ぐに対応してもらえる体制が整えられています。
葬儀スタッフが少ない会場でも、ケータリング業者が給仕スタッフを派遣してくれるサービスもあり、喪主やご遺族の手が回らなくても参列者への配慮をしてもらえ、葬儀のためにわざわざ足を運んでくださった方に心のこもったおもてなしができるのが便利です。

ご自宅でのお呼ばれでも

ケータリングの愛用者は企業やお店など多くの人が集まる場や、葬儀など突然必要となり、参列する人数も不明確な機会に活用されるだけでなく、最近は自宅での利用も増えています。
近年の傾向として行列ができるお店や予約がとれないレストランで楽しむ方が増える一方、自宅飲みやホームパーティーへの関心が高まり、自宅でのリア充をいかにアピールするかの方法として、ケータリングが利用されています。
素人には難しい、高級レストラン並みの料理が自宅で楽しめ、満足度も高いものです。
友人家族にクリスマスパーティーに呼ばれたら、すごいご馳走が用意されていて驚いた経験がある方、キッチンで知らない人が調理をしていて実はプロの料理人だったという経験をお持ちの方も、既にケータリングの凄さを体感しているのです。

ケータリングが初めてな方のために

そもそもケータリングとは

ケータリングというと少し敷居が高そうな気がするかもしれませんが、実際に利用してみると、これほど便利で素晴らしいものはないと満足される方が多いようです。
ケータリング初心者でも気軽に利用することができるように、ケータリングに関する基本的な事柄について解説していきましょう。
ケータリングについて何となくイメージできても、具体的にどういうものなのかわからない人も多いことでしょう。
業者によって形態やサービスが多少違う部分もあるのですが、基本的には専門のスタッフ(シェフが来ることもある)が料理やテーブルセッティング一式を会場へ運び、セッティングから片付けまですべてを行ってくれるサービスシステムのことをケータリングと言います。
通常のデリバリー(出前)の場合は、料理を届けて終わりなので、ここがケータリングとの大きな違いです。
また、料理だけでなく食器やグラスなどもちゃんと準備してもらえるので、こちらで用意するものは何もありません。
普段使っているオフィスや会議室、あるいは自宅のリビングが、まるでレストランのように早変わりします。
少人数から100名上の大人数まで、パーティーや会食会などに利用すると大変便利です。

手続きの流れについて

パーティーや会食の日程が決まったら、できるだけ早く予約を入れることをおすすめします。
歓迎会シーズンや年末年始などは混み合いますので、早めに予約を入れると良いでしょう。
予約を入れる際には、担当スタッフと細かな打ち合わせをします。
希望することがあれば、前もってきちんと伝えておきましょう。
料理の内容については、ケータリング会社によって異なります。
せっかくの機会ですので、普段なかなか食べることができないようなメニューを提供してくれるケータリング会社を選べば、参加者の反応も良くなることでしょう。
女性が多く集まるパーティーでは、ヘルシー志向の料理やスイーツが充実しているケータリングを選ぶのも手です。

予約の際に注意すること

予約の際の注意点としては、まず費用のシステムがどのようになっているのかをきちんと確認することです。
たとえば最低料金があるのか、それとも1人あたりの料金設定なのか、最低利用人数の設定があるのか、料理以外に運搬料やサービス料などが発生するのかなど、予めきちんと確認した上で契約することが大切です。
またキャンセル料についても必ず確認しましょう。
このような大勢の人たちが集まる食事では、急に参加できなくなる人が出てくるということはよくあることです。
その場合にキャンセル料は何日前から、何%の割合で発生するのかをきちんと確認する必要があります。

オプションについて

ケータリングサービスには基本プランのほかにオプションが設定されている場合があります。
例えばテーブルセッティングにおいて、パーティーの雰囲気をさらに演出するために、ライトアップしたり、花を飾ったり、小物で演出したりなど、プロフェッショナルな技で美しく飾りつけしてくれます。
もちろん、基本料金に含まれるテーブルセッティングだけでも十分綺麗でおしゃれなのですが、そこにプラスアルファの演出があることでより一層ひきたたせることができます。
パーティーをより一層盛り上げるためにオプションを選択するのも良いでしょう。

準備と片付けの時間

ケータリングの準備にかかる時間は、通常数十人規模のパーティーの場合、1~2時間は見ておく必要があります。
つまり、パーティーの開始時間から逆算して準備を依頼する必要があるということです。
前もってきちんと打ち合わせを行い、滞ることなくスムーズに、準備から片付けまで進行していくように、幹事は責任をもって準備しておくことが大切です。